テスト1
広告掲載お問合せ
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 観る
  • 買う
  • キレイ
  • くらす
  • 習う

ふりっぱーメンバー

ID (E-mail)
パスワード
※2014年2月のリニューアルより前のID・パスワードではログインできません。
お手数ですが再度、登録をお願いいたします!

  • ログイン
パスワードをお忘れの方 無料メンバー登録

インフォメーション

2016.05.13
「レトルト食品についてのアンケート」回答受付中! 詳細はこちら
2016.05.02
ゴールデンウィーク休業のお知らせ 詳細はこちら
2016.04.21
ふりっぱー2016年5月号発行! 詳細はこちら
2016.04.21
ふりっぱー2016年5月号:お詫びと訂正 詳細はこちら
2016.03.24
ふりっぱー2016年4月号発行! 詳細はこちら

スポンサーリンク

しろいしおもしろい誌イベント情報
たんきゅー
まち・ひと・しごと総研
月刊リアルゴルフ
はがき印刷.com

その他お知らせ

  • ふりっぱーメイト募集
  • ふりっぱー配布について


北海道は、マンガで熱くなる!
今、日本を超えて世界で注目される「Made in Hokkaido」のマンガ。それと時を同じくして俄然ヒートアップしているのが、北海道ゆかりのアニメ。北海道はいまや「サブカルの聖地」として、クールジャパンを代表する地域の一つになりつつあります。

この「ふりっぱー堂 北海道コミック・アニメ館」では、北海道の漫画家さんインタビューをはじめ、作品レビューや最新情報で、北海道のコミック・アニメシーンを徹底的に紹介していきます!


なぜいま、北海道は「マンガ王国」と呼ばれるのか?
その理由は単純、本道出身の漫画家が多いからです。大御所クラスや、最近の映像化等で話題の作家だけでも以下のとおり。

いがらしゆみこ(『キャンディ・キャンディ』等)、モンキー・パンチ(『ルパン三世』等)、寺沢武一(『コブラ』等)、大和和紀(『はいからさんが通る』等)、佐藤秀峰(『海猿』等)、荒川弘(『銀の匙 Silver Spoon』等)、椎名軽穂(『君に届け』等)…

はい、全然書ききれません。これは最近の現象と思っている方も多そうですが、上の名前をみても超ベテランの先生方も多く、実は北海道は昔から王国だったということもわかりますね。


注目度上昇中!北海道といえばアニメ?
マンガシーンの熱さは、当然アニメシーンにも飛び火しています。上に挙げた作品のほか、『機動警察パトレイバー』(ゆうきまさみ)、『銀魂』(空知英秋)など、アニメ原作となった北海道の漫画家による作品は数知れず。アニメ製作現場にも多くの有能な人材を送り出しています。さらに最近目立つのが、北海道が舞台として登場するアニメ。ざっと挙げると…

『天体のメソッド』『Kanon』『最終兵器彼女』『WORKING!』『生徒会の一存』『魔法遣いに大切なこと』『サーバント×サービス』『フランチェスカ』…

これらの舞台は作品のファンが多数訪れ、「聖地巡礼」状態になっている模様。聖地化を意識した舞台設定は全国で増えていて、確かに流行ではあります。でも道民としては、この新番組の舞台は北海道…?と気になる状況なのは間違いありません。実際多いですからね!

ということで「ふりっぱー堂 北海道コミック・アニメ館」では、北海道のサブカルシーンをもっと盛り上げるべく、旬の話題をどんどん深堀りしていきます。お楽しみに!
«  1  2 
いがらしなおみインタビュー<br>いろんな顔で、北海道のマンガ・アニメシーンを面白くする人
2014.12.05
【ふりっぱー堂】北海道コミック・アニメ館

いがらしなおみインタビュー
いろんな顔で、北海道のマンガ・アニメシーンを面白くする人

広い視野を持ち、北海道のマンガ・アニメシーンを支える活動を展開するいがらしなおみさん。ご自身もマンガ家であり、後進の育成にも心血を注ぐ北海道マンガ・アニメのプロデューサーのお話は、今後のシーンの示唆に富んでいました。

漫画の様々な可能性に挑戦。北乃カムイも登場!<br>特集:有限会社エアーダイブ
2014.10.03
【ふりっぱー堂】北海道コミック・アニメ館

漫画の様々な可能性に挑戦。北乃カムイも登場!
特集:有限会社エアーダイブ

紙の本とwebで、北海道のみならず日本の漫画界に新風を巻き起こしている出版社・エアーダイブ。10月発売の新作『島義勇伝』や、北乃カムイがゲスト出演した『北方英雄伝カムイ』など、話題の作品を中心にご紹介する、ふりっぱー堂ミニ特集です

«  1  2 

カテゴリーランキング